ポレポレ英文読解という参考書を聞いたことはあるだろうか?

英文読解の良参考書として知る人ぞ知る名著と言われているこの本は、さまざまなところで推薦されている

しかし、難易度の高さもあって実際に使っている人はそれほど多くない印象を受ける。

では一体、ポレポレ英文読解とはどのような参考書なのだろうか

また、どのように使用していけば効果的にこの参考書を使うことができるのだろうか?

実は、ポレポレ英文読解とは自分がどうやって英文を読んでいるのかを意識しつつ、英文を読むことが可能になるようなトレーニングができる参考書なのである。

この記事では、そんな英語長文をより読みやすくする参考書・ポレポレ英文読解について、その良い点を紹介しながら具体的にどのように使っていけばよいか、注意するポイントはどこかという使用法を解説していく。

この記事を読んで、ポレポレ英文読解で思考のプロセスが明確な長文読解を身につけ、英語の成績アップを目指して行こう

ポレポレ英文読解の内容

ポレポレ英文読解には、それなりに難易度の高い英語長文が50個掲載されている。

英語長文の問題といっても、その設問の種類は様々で、和訳や選択問題などがある。

しかしいずれの場合でも共通して重要なのは、英文の意味をしっかりとらえていることだ。

このポレポレ英文読解の問題を一通り訳してみることで、そういった英文の解釈がかなりやりやすくなることが期待できる。

ここで言っておきたいのは、ポレポレ英文読解に掲載されている長文はほかの参考書と比較してもかなり難しいので、英語長文があまり得意でない人や、英語長文向けの参考書を初めてやる人が使用するのは難しいだろう、ということだ。

そのような人は、まず別の参考書で英語長文の勉強をしてみてからこの参考書に移るとよい。

逆に、英語長文が得意で今使用している参考書が物足りなく感じる、という人にはぴったりの参考書である、ということが可能だ。

また、私立・国公立問わず難関大を目指している人なら英語長文を読む技術は必要不可欠なので、ある程度上のレベルの大学を目指す人はぜひやっておきたい一冊である

ポレポレ英文読解の良い点

ポレポレ英文読解の良い点は、2つある

一つ目は、文型別に問題が分けられているところだ。

上にも書いた通り、この参考書はある程度のレベルに到達した人向けの参考書なので、簡単な構造の文章なら読めてしまうだろう。

この参考書は、英語長文を読んでいくうえでつまづきやすい複雑な構文の文章にスポットを当て、そのような構文に慣れることで複雑な文章への苦手意識をなくすことが可能になるわけだ。

また複雑な文構造がある文章は難関大学の入試に多く出題されるので、そのような大学を志望している人にとってはより実践的な問題に触れる機会にもなる

そしてポレポレ英文読解の良い点二つ目は、解説が詳しい点である。

ポレポレ英文読解には、解説欄に「読解プロセス」という項目があり、ただ和訳が書いてあるだけではなく、なぜそのような和約に至ったのかが詳しく記されている

後でもう一度言うが、これに照らし合わせながら自分の書いた和訳を読んでみることにより、自分の長文読解がしっかりと論理だてられたものかどうかが判別できる、というわけだ。

ポレポレ英文読解の使用法

ここまで、ポレポレ英文読解の良い点を見てきた。

しかし、どんな参考書も闇雲に使っていては意味がない。

これから書く使い方で、ポレポレ英文読解をより効率よく使っていこう

まずは解説を見ずに訳してみる

どれだけ解説が有能でも、最終的に自分が問題を解けるようにならなければ意味がない

まずは問題を、何も見ずに自分で訳してみよう。

最初はわからないところがあっても仕方ないと割り切り、あまり悩みすぎないのが重要だ。

とはいえあてずっぽうに書くのではなく、英文の一語一語に「こうだからこう訳そう」という理由を自分の中でつけていくのが大事だ。

また、SVOCMのような記号を文中の単語につけながら読み進めることで、文構造の把握がよりやりやすくなる。

これは後に行う思考プロセスの明確化にもつながることなので、できる限り実行してもらいたい

自力で訳し終わったら、次は辞書を使って訳していこう

単語はつい最初から調べたくなるが、それでは実際に問題を解くときに重要な「単語の意味を推測する力」が育たない。

この力を育てるためにも、自力で訳してみてから単語を調べる癖をつけよう。

解説を読まずにまず自力で読むことで、実際の問題を解くときの感覚も養いながら勉強していこう

解説を見ながら自分の思考プロセスを明確化する

自力で訳してみたところで、いよいよ解説を見よう

まずは和訳を読んでみて、自分の訳した文章とどこが違うかを確認してみよう。

細かいニュアンスにとらわれず、文の大きな意味でチェックするのがポイントだ。

それが終わったら、今度は解説、特に「読解プロセス」を参照しながら、自分の文章の読み方と解説の文章の読み方ではどこがどのように違うのかを確認していこう。

自分の中では正しい読み方に思えるようなところでも、実際は別の読み方の方が正しいこともある。

そういうところで自分と解説は何が違っていたか、解説ではどのような考え方をしているかを確認することで同じような間違いを再びすることを防ぐことが可能だ

自分の考え方の間違いを見直して、英語の成績に直結するような読み方を心がけよう

まとめ

今回は英語長文の参考書、ポレポレ英文読解について良い点の紹介と、使い方の解説をした。

英語長文で重要なのは、なんとなく読むことではなく、自分がどういう読み方をしているのかをしっかり意識して、自分のなかでプロセス化された思考をもって英文を読んでいくことだ

今回紹介したポレポレ英文読解の使い方を基に、英語長文を論理的に読み、英語の成績アップにつなげていってほしい

 

また、英語長文は、いくら勉強しても、わからない単語があると、全く読めなくなってしまう

以下のページで英単語の勉強法を確認しておこう。

英単語 勉強法

さらに、英語長文の一般的な勉強法についても解説している記事が存在する。

英語長文の一般的な勉強法、読解テクニックなどを知りたい人は以下の記事を参考にすると良い。

英語長文が魔法の様にできる!長文音読勉強法3ステップ