東大英語には様々な問題形式が存在するが、その中で一般的に難しいといわれていて他の大学で全くみない問題が、第一問Bである。
また、対策法がわからない問題形式の一つでもある。

ここでは、大学入試であまり出題されにくい東大英語第一問Bの段落整序、文の挿入、不適文の排除、などの長文問題に特化した対策法を示す。

この記事で第一問Bの本質を知り、対策法を素直に実践すれば、第一問Bの段落整序問題などが、上達すること間違いなしだ

事前準備

東大英語の入試問題は他大と違って英語の様々な能力を要求してくる
よって、過去問を解くにあたって、たくさんの能力を身に付けることが必要となってくる。

よって、過去問に特化した対策をする前に以下の四つの基礎力

  1. 文法的知識
  2. 単語力
  3. 英文の論理的読解力
  4. 英語の独特な表現への対応力

を身に着けておく必要がある。

第一問対策に当たっては、最低限1~3までの基礎力がついていることが必要だ
まずは、第一問Bに特化した対策をする前にこの基礎力を身に着けておこう。

1、 2が身に付いていない受験生
東大英語の対策を始めるにはまだ早すぎる。
まずは、大学入試で一般的に必要とされている1,2を早急に身に着けよう。↓

英語の単語を本当の意味で覚える、最強の覚え方の3つのステップ

英語の単語を本当の意味で覚える、最強の覚え方の3つのステップ

3が身に付いていない人
下の記事の方法を使えばすぐに身に付くので身に付けてから過去問対策をしよう。↓

東大英語に必須の基礎力の一つ論理的読解力とは?

東大英語に必須の基礎力、論理的読解力の習得方法

また、第一問Aの要約問題対策がある程度終わっていない人はまずそちらを先に対策しよう
というのも、Aが3の力を短い文章で試すのに対し、Bはこれを比較的長い長文で試す問題だ。
つまり、Aの要約ができないと、Bもできるわけがないのだ。

どのようにして対策していくか

事前準備が完璧であるなら、次に第一問Bの具体的な解説とともにその対策法を詳しく解説する。

この問題で何をみているのか

第一問Aでは要約できるか、つまり、

  1. 筆者の伝えたいメッセージ
  2. そのメッセージをとりまく論理構造

の二つを把握できるかとういう論理的読解力を求めていた。

第一問Bでも、同じ大問に入っているだけあって、見ている力は変わらない

この力が、二ページ以上ある長文にも応用できるか、
つまり、より広い視野で論理展開をつかめるかということをみている

よって、第一問BはAに比べてやはり難しくなる。

しかし、難しいからと言って、やるべきことはほとんど同じであることを意識しておこう

長文の基本構造

第一問Bでは、Aの二倍以上の長文を取り扱うためここでは、長文の基本構造について触れておく。

長文は基本的に、

1. 序論(Introduction)
主題(topic)を明らかにする部分(1~2段落程度)

2. 本文 (Discussion / Body)
主題を論じる部分
ここの段落内や段落間に、5つの論理構造がみられる。
(3段落以上の複数の段落で構成されている。)

3. 結論 (Conclusion)
まとめの部分(1~2段落程度)

という構造をとっている。

また、序論と結論は密に関係しており、

1. 序論=結論

序論と結論を同じ主張でまとめて、サンドイッチ構造にしている。
つまり、文章全体を通しての主張が序論と結論の両方で書かれている主張となる。

2. 問題提起→答え

序論で問題提起をし、結論の部分でそれに対する答えをだす。
つまり、文章全体を通しての主張が結論の答えの部分に当たる。

の主に二つの関係となっている。

これを長文の基本構造という。

第一問Bの文章は2ページ以上に及ぶ長文となっているため、このような構造がはっきりしていないと、非常に難解になってしまう。
よって、基本構造がはっきりしている文章が出題されやすい
逆に言うと、この構造が見えれば、問題が解きやすくなる。
この基本構造を対策する前におさえておこう。

具体的な解き方

第一問Bでは、段落整序、文の挿入、不適文の排除などの様々な形態の問題が出題されるが、見ている能力は大まかに同じなので、まずは、第一問Bに共通した解き方、長文の読み方を解説する。

1.まず、要約問題と同じように論理的読解は絶対にやることが大前提だ。

つまり、筆者の主張とそれにおける論理構造を把握しながら読んでいこう。
(読む順番は、最初、上から下でよい。段落整序の場合は、最初は、問題文→選択肢の順番)

2.読んでいる中で、序論と結論はどこなのかということを把握しよう。

なぜならば、序論と結論を把握すれば、文章の主張がつかめるため、問題を解きやすくなるからだ。
段落整序では、ほとんど本文の位置にあたる段落が抜けているため、序論と結論、特に序論は必ず順番通りに最初からなっているので、見つけやすいはずだ。
そして、序論の中にある文章全体の主題を抑えよう。
結論がわかれば、結論の中にある、文章全体の主張も読み取ろう。
これだけすれば、相当読みやすくなる。

3. 段落ごとの主張をつかもう。

要約問題に比べて、ここでは、より広い視野で論理的読解を行う必要がある。
よって段落内に特定の問題がない段落は、その段落内の論理構造は無視して、段落ごとの主張のみを読み取ろう。そして、できるかぎり(→段落整序があると難しいから)段落間の論理構造を再現しよう。
順番は問題文→選択肢でよい。

以上がどの問題に対しても行う共通の解き方である。
Bでどんな形式の文章が出てもこれは必ず行うこと。

問題ごとの解き方

次に問題ごとの具体的な解き方を解説する。

段落整序

まず、上記のことを行えば、長文の主題、(主張)、各段落の主張、再現できる限りの論理構造、がわかるはずである。
これができたら、これらの構造と内容に一番適したものを一番適した位置にあてはめよう

一度にすべての段落は埋まることはあまりないので、まず位置がはっきりしている段落をいれよう。
段落を順番に埋めていく中で、再現できる論理構造が増えてくるので、それらにパズル式に埋めていこう。

また、結論が選択肢の中に入っている場合がたまにある。
この場合は、文章の主張がわからないので、多少難解になる
しかし、結論の段落は特徴的で、”as a conclusion”などの結論と知らせるものがあるので、これを見つけたら、内容が結論として、適するか十分判断して入れよう。

さらに、選択肢にはほとんどの場合ダミーの段落が1,2個含まれている。
たいてい、すべての段落を入れた後でダミーが浮かび上がるが、ダミーと判断できる場合がいくつかある。

  1. 明らかに内容が真逆などで、おかしいものがある場合。
  2. 結論などの同じ役割を果たす段落が二つあり、どちらか一方(内容が適さない物)がダミー と判断される場合

わかる場合は、早急に排除しよう。

そして、内容以外にいくつかの判断要素がある。
それが、固有名詞、特に人の呼称の変化である。
例えば、最初にある人の名前を使う場合、フルネーム+その人の説明がつく。
しかし、二回目以降はフルネームで亡くなったり、代名詞にかわったりする。
つまり、ふたつの段落に同じ名前がフルネームで書かれているということは、どちらかがダミーであるということもわかるのだ。
このように、固有名詞の呼称は有効に働く場合が多いので、注目してみるのもよい。

このようにすれば、段落整序問題は解けるようになる。

その他

文、単語の穴埋め、不適文の抜き出しについては、上記で読み取ったことと合わせて、問題がある段落内の論理構造を読み取ろう
つまり、その段落だけ深く読むのだ
そして、問題に応じてそれらに適すものを選び適さない物を除く。

文の穴埋めについては、選択肢からの消去法ではなく、できるだけ入る内容をあらかじめ推測してから選ぼう
こうすることで、文章の論理関係の把握が選択肢に頼よらずできるので、力も身に付くし、正確な力がついているのであれば、間違いにくいうえ、解答速度が増す。

また、タイトル選び、など結論を判断させる問題も、できる限り自分で推測してから選択肢をみるようにしよう

練習につかうもの

他の問題と同じようにこれも慣れが必要である。
たくさん練習しよう。

使うべき問題としては、他の問題と同じように

  • 東大の過去問
  • 東大型模試の過去問
  • 「東大英語総講義」 宮崎尊 東進ブックス 第三章の1の要約練習問題

などがあげられる。

これらをうまく活用していこう

まとめ

以上が第一問B の長文問題対策である。

いかがだっただろうか?

この記事の方法を実践することで、英語の問題としてはまれで、かなり難しい東大英語の第一問Bがサクサク解けるようになるはずである

是非とも実践してほしい