日本国民であれば、日本一といわれている東京大学という大学のことは知っているだろう。

高校生ならば大学受験のことを考えるときには東京大学というものを一度は意識すると思う。

実際1,2年生の中には軽い気持ちで受験してみようと思っている人もいるのではないだろうか?

 

しかし、特に地方国公立の1,2年生の多くは東大の受験システムや受験対策についてあまり詳しく知らない人も多いのではないだろうか

 

だが、受験システムを早期に理解していない人は、対策自体をまちがってしまう可能性が大きい

実際東大の受験においてセンターの勉強はそこまで必要ではないのにもかかわらず、センター試験の勉強ばかりしている人も多い。

 

ここでは、そんな人たちのために東大の受験システムについて詳しく解説する。

東大受験におけるセンター試験

東大を受験するには、まずは、センター試験という全国の受験生が受ける共通の試験を受けたのちに、東大の作った二次試験という東大受験者のみが受ける試験を受け、その二つの合計点で合格を決定する。

この東大受験におけるセンター試験についてここでは解説する。

センター試験の点数比

先ほど東大の受験ではセンター試験と東大の二次試験の点数の合計で決めるといった。

しかし、それは単純に二つの点数を足した合計点ではない

 

そもそもセンター試験の合計点は900点満点である。

また、東大の二次試験は440点満点である。

 

これを単純に足したらセンター試験の比重が重くなってしまう

 

これを避けるために、実はまずセンター試験の点数を900点満点から110点満点に圧縮するのだ

そして、これを二次試験の点数に足して、550点満点にしてその合計点で合否を決めている。

 

つまり、東大受験の二次試験とセンター試験の点数比率は、

二次試験:センター試験=4:1

となる。

 

また、東大二次試験は科目も絞られ、センター試験の約二倍近くもの時間のかかる筆記試験であり、センター試験よりもかなり難しい

 

よって、センター試験の勉強ばかりやっていては二次試験に失敗して、落ちてしまうリスクがかなり高くなる。

 

この点数比率からわかるように、東大対策の勉強をする上では、センター試験の勉強はほどほどにしておかなければならないのだ

センター試験の科目

ここでは、東大を受験するためにセンター試験でどの科目を受験すればいいのか、またそれぞれが900点満点中の何点分なのかを紹介する。

 

まず文系受験必須科目とその点数は以下の様になっている。

 

国語(200点)・・・現代文、古文、漢文すべて

数学①(100点)・・・数学ⅠAの内容

数学②(100点)・・・数学ⅡBの内容

外国語(200点)・・・中国語、フランス語、スペイン語なども受験可能だが主に英語

社会(2科目100点ずつ)・・・倫理政治経済、地理、日本史、世界史から二科目

理科(2科目50点ずつ)・・・物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から二科目

 

次に理系の受験必須科目とその点数は以下の様になっている。

 

国語(200点)・・・現代文、古文、漢文すべて

数学①(100点)・・・数学ⅠAの内容

数学②(100点)・・・数学ⅡBの内容

外国語(200点)・・・中国語、フランス語、スペイン語なども受験可能だが主に英語

社会(100点)・・・倫理政治経済、地理、日本史、世界史から1科目

理科(2科目100点ずつ)・・・物理、化学、生物、地学から2科目

 

注意:英語のリスニングについては、点数に含まれないので、実際受験しなくても東大受験においては、何の問題もない。

 

以上のような900点満点の内訳になっており、繰り返すがこれが110点満点に圧縮されるのだ。

なお、教科ごとのセンター試験の対策法を知りたい人たちは以下の記事を合わせて読んでほしい。

東大生が解説!センター英語長文を得点源にする読み方4つのステップ

東大生が解説!文系受験生が数学二次対策で取るべき勉強法とは?

センター試験の足切りについて

センター試験の比率が二次試験の1/4であるのならば、東大を受験する上で、センター試験は全く勉強しなくていいのだろうか

 

実際センター試験が0点でも二次試験で挽回すれば物理的には合格可能かのように見える。

 

しかし、東大の受験では、センター試験の点数を使った第一次選抜(通称:足切り)という制度が存在する。

東大受験においてセンターの受験さえすれば二次試験を受けられるわけではない

なぜならば、東大のキャンパスで物理的に受験できる人数は限られているからだ。

なので、東大二次の志願者が多すぎてキャンパスにいれられないという自体を避けるために、センター試験の点数を使って、キャンパスに入りきらない人を不合格にしてしまうのだ。

 

これが東大受験の難しい所で、普通にセンター試験の勉強ばかりしていても落ちるし、二次試験の勉強ばかりやっていてセンター試験の勉強を全くせずに、悪い点数を叩き出してしまっても不合格が待っているのだ

 

しかし、二次試験の勉強をしっかりして、センター直前期に(12月ごろ)からしっかりセンター試験の勉強を始めれば、センター試験の足切りには引っかかることはあまりないほど足切りの点数は低い。

つまり、しっかりと1ヶ月前からセンターの勉強も始めておけば大丈夫である

 

以下のサイトでは過去の足切り点(第一次選抜の合格最低点)があるので参考にしてほしい。

(参考→https://todai.info/juken/data/

 東大の二次試験

上では、東大受験におけるセンター試験について詳しく解説した。

次、いよいよ東大の二次試験について詳しく解説していこう。

東大二次試験の科目と配点

センター試験についての説明の際に東大の二次試験は440点満点だと解説した。

しかし、東大の二次試験の点数の配分はどのようになっているのだろうか

 

以下に示す。

 

【文系】

国語(150分、120点満点)・・・現代文、古文、漢文を含む

数学(100分、80点満点)・・・数学Ⅰ、A、Ⅱ、Bまでの内容(数学Ⅲは含まれない)

社会(150分、二科目60点ずつ)・・・地理、世界史、日本史から2科目(2科目一気に受験する。)

外国語(120分、120点満点)・・・中国語、フランス語、ドイツ語などの第二外国語もあるが、主に英語だろう。

 
【理系】

国語(100分、80点満点)・・・現代文、古文、漢文を含む

数学(150分、120点満点)・・・数学Ⅰ、A、Ⅱ、B、Ⅲまでの内容

理科(150分、二科目60点ずつ)・・・物理、化学、生物、地学から2科目(2科目一気に受験する。)

外国語(120分、120点満点)・・・中国語、フランス語、ドイツ語などの第二外国語もあるが、主に英語だろう。

 

英語は文理共通の問題で、国語と数学は一部が文理共通問題となっている。

 

このように見ると、教科はセンター試験と比べて絞られるといっても、文系に数学が課されて、理系に国語が課されるなど他の大学に比べて試験科目が多いことがわかるだろう

 

また、試験時間も100~150分であり、かなり集中力がないとこなせないハードなものとなっている

東大の二次試験の特徴

東大の二次試験の一番の特徴は、ほぼ9割がたが記述であることがいえるだろう。

今までの、すべて選択肢だったセンター試験からは、かなり乖離している。

選択肢のなかから解答を探すという作業よりも、自分から一から解答を作るという作業がいかに大変で難しいものかは想像すればわかるだろう。

しかし、これを乗り越えないことには東大生にはなり得ないのだ

 

科目ごとの具体的な特徴は以下の様になっている。

 

国語については、すべて二行か一行程度の記述で、自分で答えを文章中から見つけて、それを自分の言葉で構築し直すというとても難しい作業が必要だ。

 

数学についても、すべて記述で3~5行程度(より多いものもあるが)のシンプルな問題に対して、答案用紙ほぼ全面に解答を書きつくさなければならない。

 

理科や社会に関しても、ノートや原稿用紙のような解答用紙に自分で書き込まなければならない問題が多い。(選択肢問題も存在する。)

 

英語は、主に記号で答える問題が多いことから、2015年度入試からマーク用紙が解答用紙の一部として使われるようになった。

しかし、これはセンター試験のような簡単な選択肢問題ではなく、並び替えられた段落を正しい順番に戻したり、小説読解というあまり受験生が勉強しないようなことをさせたりと、かなり難しいものになっている。

(なお、センター試験で他の外国語を受験した人はその言語を受験しなければならない。また、英語受験者は問題の一部を英語ではなく、他の言語に変えることができる。)

 

 

このように、東大の二次試験は記述式であるがために、かなり難しくなっている

十分な訓練をするためには相当な時間が必要だろう。

東大の二次試験対策

東大の二次試験はほとんど記述式で、選択肢問題であってもかなり難しいことがわかっただろう。

 

では、どのように対策していけばいいのだろうか?

 

やはり一番重要なことは、時間の余裕である

東大二次試験の対策は東大二次試験がかなり高いレベルを要求しているので、合格点を十分とれるまでの能力を養うには、個人差もあるが、かなり時間がかかる。

よって、できるだけ早期から二次試験の対策をすることが重要である

 

地方国公立の受験生は特にそうだが、大学受験で使う高校の内容のすべてを学習し終わるのは、だいたい高校3年生の夏から秋にかけてである。

しかし、はっきり言ってそれらの内容をすべて学習し終えてからでは、かなり遅い。

東大に関して言うと二次試験対策は、現役合格を目指すのであれば、遅くとも3年生になるまでに、学習し終えたい

そう考えると、学校のペースで勉強していっては手遅れという状態も考えられる。

 

よって、場合によっては自分で学校の先取りを行って、できるだけ早く二次試験の対策に乗り出すことが、東大二次をクリアーするうえで一番重要である。

 

まとめ

以上が、東大受験の具体的なシステムと対策である。

 

東大受験は、難しいということは誰でもわかっているが、実際にセンター試験はさほど問題にはならず、二次試験が記述式で時間も長くかなりハードなものになっているため難しいということが分かっただろう。

 

東大受験を少しでも視野に入れている人は、是非ここに書いてあることを参考にして、できるだけ早く二次対策に乗り移ってほしい

(celly 東京大学理科二類在学)